++Whimsical music++

宇都宮市清原台3丁目の「なかはら音楽教室」です   ピアノ・エレクトーン講師の気ままなDiary
のんびりペースで日々勉強中♪
http://crossknot.net/

NMH(音楽教室)

現在のレッスン室

IMG_7777
現在のレッスン室の様子です。
今はまだ物を増やさないように努力してますので、床が見えるうちに…と思って、撮ってみました
いつもとは違う視点からの写真、なかなかいい感じです


明日のイベント参加のために、エレクトーン(ELC-02)をソフトケースに入れて車に積みました
ついでに…と、他のエレクトーンも移動させて模様替えをしてみましたが、なんだかごちゃごちゃ感が出たので元の位置に戻しました
無駄な力を使ってしまった〜

これから練習しまーす

新入会

IMG_7746
7月に体験レッスンをした年中さんの女の子2人の新レッスンが始まりました

Kちゃん、Nちゃん、これからたくさんピアノで遊ぼうね♪


レッスン枠に余裕がなくてしばらく体験レッスンをストップしていましたが、10月から若干名募集する予定です


拡大製本

合唱の伴奏楽譜はピアノパートが小さいことが多いのですが、
がんばってくれる生徒さんたちに、先生の愛情をたっぷり込めたパート譜をプレゼントしています。
(今回はFinale打ち込みではありません)

A3横サイズ3~4枚の楽譜なんて、当然全部を譜面台には並べられません。
譜めくりする箇所もないし、暗譜も不安
昔は、コピーし直して、ハサミで切り出してパート譜作りをしていたところですが、ここ10年はその作業をパソコンでやっています。便利です♪

譜読みに少し時間がかかる生徒さんたち。
「拡大コピーしたら、ヤル気でる?」との問いに、「やる!」との返事がありましたので、
大きなパート譜も作り足してみました。

IMG_7636

IMG_7637
A4横に3段の大譜表。なかなか良い感じのサイズです(笑)
見開き2ページで製本しました。
これなら音符の読み間違いも減りそうですね。

我ながら丁寧な作りに満足
練習用に この拡大楽譜を使って、覚えてきたら、A4縦(6~7段)の楽譜にチェンジします。



伴奏希望者が本日一人追加となり、6名の中学生が練習がんばってます

合唱曲の伴奏

この時期になると、生徒さんたちが合唱コンクールの伴奏曲をレッスンに持ってきます。
合唱伴奏は大歓迎です

クラスにピアノを弾けるのが1人しかいないから…と、きっかけは仕方なくもヤル気が出てきた生徒さん
普段のレッスン曲よりはるかに難易度高い曲を持ってきた生徒さん
夏休み明けにオーディションがある!と、気合いが入っている生徒さん
いろんなパターンがあるけど、みんな頑張って練習してくれるといいな~

共通して言えるのは、ここをがんばることでピアノが上達できる!ということ。
目標もってやるだけでなく、一人だけで演奏するわけではないので、責任感が生まれます。



学校の先生方に1つお願いがあります。。。

楽譜は、もう少し見やすい状態にしてあげてください。
コピーにコピーを重ねてきたような楽譜では、ただでさえ音符が小さいのに、それがつぶれて音符が読みにくいです

結局、私が楽譜を買い直すことも多いです
手元に持っている楽譜をパソコンにスキャンして取り込んで、ピアノ伴奏のパートのみを抜き出してパート譜作りをするのが、私のこの時期のお仕事(笑)
コピーで曲がっている楽譜・汚れが多いはどうしてもイライラしてしまうので、真っすぐにして汚れを取り除いた見やすい楽譜に直して製本すると、スッキリとします
よく言えば几帳面、…まぁ、細かいことまで気になるのが私の悪い癖です。(右京さん風に


この夏は、5人の生徒さんたちが伴奏曲の練習をしています。
みんな、ファイト!!!

音の違い

IMG_7616
本日ラストは、Sちゃん(高2)のレッスン
鍵盤の種類(象牙・黒檀、アクリル)の話の流れから、アップライトピアノを弾いてみました。
レッスンに通い始めて8年、Sちゃんは どうやらこのピアノを初めて触ったようです

普段はグランドピアノを使うので出番がないだけですが、見た目が高級っぽく見えるそうで、生徒さんたちは「奥に飾ってある触っちゃいけないピアノ」という認識みたいです(笑)
全然そんな感じではないのですが


音の違いを体感した後は、すぐにグランドピアノへ移動。
やっぱりグランドピアノが弾きやすいですね~
ツルツルのアクリル鍵盤と象牙の鍵盤、好みは分かれるところですが、私は自分のピアノの触り心地が大好きです

リズムのほん

ほぼ全員が使っている「リズムのほん」シリーズ。

最終巻の5巻が終わった後は、3巻に戻って逆バージョンをやっています。
左右の手を入れ替えて、右手で拍を取って左手でリズムをたたきます。
脳トレに良さそうです。
慣れるまでは苦労する生徒さんたちも、3巻の途中では楽にできるようになっています


5巻が終わったKちゃんに『次は3巻を持ってきてね!』と声をかけると、
「持っていません...」との返事。

???

どうやら、終わったテキストはもう使わないと思って処分してしまったそうです
ん~~ショック

捨ててしまったものは仕方ないので、ポジティブに考えることに
新しく買ってもらうのも…なので、五線ノートにリズムを書き写してもらうことにしました。

最初は書きなれない音符に苦労の連続でしたが、だいぶ慣れてきました
IMG_7587
上手に書けるようになってきましたよ。
(上2段は私が書いたもの)
特に気を付けてもらっていることが、拍のバランスです。
時間はかかるけど、いい勉強になっています

強弱記号シール

IMG_7588
楽譜に登場する強弱記号には、記号を意識するために 生徒さんが決めた色で印を付けるようにしています。

ワークブックなどで強弱記号の一覧が載っているテキストを持っているときは、そこに色を塗ってもらいます。
ただし、テキストの紙がカラーだったり、紙の材質がツルツルで色が乗りにくかったりで使いにくいことも たまにあります。
新しい教材になると、自分で決めた色も忘れてしまうこともしばしば。

そんな時は、テキストの空いているスペースに手書きで「p」「f」を書くこともありましたが、
『シールがあると便利だなぁ~』と、レッスン中にふと思いつき、空き時間の10分程度で速攻作ってみました。
白いシールなので、発色もバッチリ。
これなら、テキストが進んで新しくなったときでも、またシールを貼ればOKです



レッスンアイテムのシールシリーズも、だいぶ種類が増えてきました。
ほぼ毎日使っているのは、2年前に作った4期シール。
20170708-3
今でも大活躍してます
最新コメント
プロフィール

なかはら みわこ

月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ