++Whimsical music++

宇都宮市清原台3丁目の「なかはら音楽教室」です   ピアノ・エレクトーン講師の気ままなDiary
のんびりペースで日々勉強中♪
http://crossknot.net/

教材研究・講座

強弱記号シール

IMG_7588
楽譜に登場する強弱記号には、記号を意識するために 生徒さんが決めた色で印を付けるようにしています。

ワークブックなどで強弱記号の一覧が載っているテキストを持っているときは、そこに色を塗ってもらいます。
ただし、テキストの紙がカラーだったり、紙の材質がツルツルで色が乗りにくかったりで使いにくいことも たまにあります。
新しい教材になると、自分で決めた色も忘れてしまうこともしばしば。

そんな時は、テキストの空いているスペースに手書きで「p」「f」を書くこともありましたが、
『シールがあると便利だなぁ~』と、レッスン中にふと思いつき、空き時間の10分程度で速攻作ってみました。
白いシールなので、発色もバッチリ。
これなら、テキストが進んで新しくなったときでも、またシールを貼ればOKです



レッスンアイテムのシールシリーズも、だいぶ種類が増えてきました。
ほぼ毎日使っているのは、2年前に作った4期シール。
20170708-3
今でも大活躍してます

自作プリント

メールでご質問があったので、こちらでご紹介します。
ここ数日のブログで登場しているカデンツのプリントは みぃ先生オリジナルです
レッスン中に「こんなのがあったらいいな!」と気になることがでてきたら、すぐに作ります

カデンツプリントの種類もずいぶん増えたので、一度整理しないとな~と思っていたところです。
今は、エレクトーン専用(足鍵盤を使うタイプ)のプリントを制作中です。
jet支部研究会の一環で、新たに作ることにしました。


他にもいろいろと作っていますが、その中でもよく使うプリントがこれ。
「調判定トレーニング」
調判定トレーニング(書き込み用)S
おはじきを使いながらテトラコードやスケールのお話をしつつ、何度も繰り返し説明していきます。
限られたレッスン時間の中で、書くことを最小限にしつつも必要なことは生徒さんが自分で書くことで覚えていけるように…と思って作りました。
一覧表にもなるので、何調か分からないときでも、いつでも生徒さんが自分で確認できるので、重宝しています。
答えを書いたプリントも作っていますが、こちらは配らずに確認程度に見せるだけ。
やはり、自身の字で書いたものがいいですね

カデンツ2

カデンツ ト長調
(YouTubeにリンクしています)

Sちゃん(小4)、先月から9級用のカデンツの練習を始めました。

カデンツ(G9)新S
Ⅰ度 - Ⅳ度 - Ⅴ度 - 属7 - Ⅰ度 (+ 属7 - Ⅰ度)
左手のベースラインは、上がる と 下がる 2種類を続けて弾きます。
最初は、「ドミソードファラ」と歌いながら、
慣れてきたら、「いちどーよど(和音記号)」と「C-F(コードネーム)」を言いながら弾きます。



カデンツ(G8)♯S

8級以降は、調号が増えるだけでなく、Ⅱ度の第一転回形・Ⅰ度の第二転回形、その他いろいろ出てきます。
どんどん難しくなっていきますが、少しずつステップアップできるといいですね



IMG_7498
今日、先月の発表会10回目のお祝いとして、ステキなお花を頂きました
Fさん、ありがとうございます

ケンくんカード

IMG_7497
導入レッスン用に作ったカードです。
「ケンとバン」というテキストのキャラクター・ケンくんのイラストをお借りして作りました。


IMG_6624
(幼稚園レッスンでの写真)
元々は、黒鍵2を隠すような形でこのカードを置くものとして作ったけど、鍵盤奥に立て掛けると、さくらんぼのイラストが黒鍵2のサイズにピッタリ

7枚のカードをピアノの鍵盤に置けば、初めてピアノを弾く小さな生徒さんでも、チョキの手でバッチリ弾けました

感動のピアノ

IMG_5999
第1回 リカレント教育のためのピアノ研修会
宇都宮短期大学の須賀友正記念ホールで開催された演奏会&レクチャーに行ってきました。

講師は赤松林太郎先生。
お話は分かりやすく、興味のある内容なだけにグイグイと引き込まれていった感じでした。
そして、美しいインベンションにただただ感動でした。
ショパンノクターンの第一声(メロディのソ)に心臓撃ち抜かれた感覚になり、アンコールのノクターン遺作では涙が溢れてきました。

感動のピアノ。
憧れます
続きを読む

弾けました!

20180608

きれいに響くピアノの音にうっとりとする時間もあれば、時々、私の頭に鬼の角がニョキニョキと出てくるときがあります。

「もう本番まで時間ないんだよいい加減練習してきなさい
お説教モードのレッスンも多い今日この頃

ずいぶん堪えてましたが、さすがにこの時期になって、
「はじめの左手は何の音? もう一度読んでごらん?」
「ポジションはどこ? 指番号は何?」
なんて声かけはしたくありません(笑)

そんな生徒さんたちも、6月も2週目に入り、ようやくエンジンがかかったようです(笑)
見違えるように弾けるようになってました。
ホッとしました...が、できるならもっと早くエンジンかけてくれ~~

まだまだ仕上がりには程遠い生徒さんたちですが、きっとやってくれるはず
ここ1週間でどれだけ成果をだしてくれるか、期待してますよ

写真は、連弾練習中の兄弟。
弾けるようになりました! レッスン中、安心して涙が出そうでした

レッスン見学

IMG_3306
ピティナのレッスン見学に参加させていただきました。

講師は谷田部弘子先生。
お会いしたことなかったのもあって、今日はワクワクドキドキMAXでした

レッスン室に入ると、そこにはステキな空間が広がっていました。
広ーい 
音の響きがとても豊かで、木のあたたかみがあるステキなお部屋でした。
心の中で、いいなーーを連発(笑)
(いや、声に出してたかも)

レッスンの内容はここでは控えておきますが、大変刺激を受けてきました。
そして、自分の怠けた練習生活を猛省して帰宅
学び続けるからこそ素晴らしいレッスンができるんだと、改めて実感しました。

もっともっと追求して、より良いレッスンができるよう精進します


最新コメント
プロフィール

なかはら みわこ

月別アーカイブ
記事検索
  • ライブドアブログ