少し前のブログにも書きましたが、中学生の生徒さん6人が合唱コンクールの伴奏曲を練習しています。

Aちゃん(中3)
中1・中2では、Aちゃんのレベルよりはるかに難しい曲の伴奏をしてきました。
「今年の曲は簡単だから余裕~~♪」と言ってた楽観的なAちゃんに、聴かせてほしいからレッスンに楽譜持ってきてねと話し、先週のレッスンで弾いてもらったら

...弾けてない

ある程度は形になっているけど、転調が多いところでボロボロになり確実に止まってしまう状態でした。
私も改めて楽譜を購入し、慌てて集中レッスン実施。

プレッシャーをたっぷりと与えたら、翌週はずいぶんきれいに弾けるようになりました
まだ完成はしていないけど、なんとか歌と合わせることが出来るレベルまでになり一安心です。


「本番は楽譜見ないから大丈夫~♪」と話すAちゃんですが、まだ覚えていない部分もあり(私が)不安だったので、急きょ伴奏パート譜を作りました。

度胸あるAちゃん。ある意味尊敬します(笑)